ホンダの中古車買取相場・査定金額

ホンダ ビートの中古車買取相場、査定金額

Ucar査定の買取価格

  • 最高買取価格

    0万円

  • 最低買取価格

    0万円

  • 平均買取価格

    0万円

中古車業者の買取相場

  • 最高買取価格

    0万円

  • 最低買取価格

    0万円

  • 平均買取価格

    0万円

Ucar査定なら高く売れる!
買取希望の個人がいれば、
さらに高く売れるかも!

完全無料 査定依頼スタート

※これより先はUcarPAC株式会社の買取査定サイトへ飛びます。

査定・買取の流れ

  • STEP.1

    車両・お客さま情報を入力(9項目/約1分)

    STEP.1STEP.1

  • STEP.2

    入力後ページで概算価格を確認

    STEP.2STEP.2

  • STEP.3

    Ucar査定コールセンターよりご連絡。 お近くの査定提携店をご案内。

    ※ガソリンスタンドが中心

    STEP.3STEP.3

    ご連絡はUcar査定からの1本だけ!
    たくさんの業者から電話が来ることは
    ないので、安心。

  • STEP.4

    提携店で査定

    ※ガソリンスタンドが中心

    STEP.4STEP.4

    査定は1度だけでOK!
    たくさんの業者と会わなくても良いので
    ラクラク。

  • STEP.5

    査定データを元にUcar査定ネットワーク内の各業者が買取価格を提示。

    STEP.5STEP.5

    査定データを元に全国の業者があなたの車に入札! 最大500社が対象だから、
    本当の最高額がわかります。

最大500業者が対象だから
本当の最高額で売れる!

完全無料 査定依頼スタート

※これより先はUcarPAC株式会社の買取査定サイトへ飛びます。

中古車を高く売る方法

車の状態

  • ワンオーナー

  • 査定前に洗車・車内の掃除・トランクルームの整理を行う

  • キズ・へこみが無い

    細かい・浅いキズはワックス等でお手入れをしましょう。目立つキズはメーカー保証内で修理しておくとよいでしょう。

  • 事故歴なし

オプション

  • オプションは純正品を付けている

    社外品に変えていて純正品を保管してある場合は、その旨を査定時に伝えましょう。

  • 付属品や取扱説明書が揃っている

  • 正常に動作する

完全無料 査定依頼スタート

※これより先はUcarPAC株式会社の買取査定サイトへ飛びます。

ホンダ ビートを高く売却するために

No 査定額 査定時期 年式 車名・グレード 走行距離 カラー
1 98,000円 2017年5月 1991年
(平成3)
ビート
ベースグレード
13.7万km シロ

※これらの金額は過去Ucar Pacで査定した例です。実際の買取価格を保証するものではありません。

完全無料 査定依頼スタート

※これより先はUcarPAC株式会社の買取査定サイトへ飛びます。

ホンダ ビートを高く売却するために

1991から1996年までビート(Beat)は、本田技研工業がかつて生産、販売していたオープン2シーターの軽自動車である。後継車のS660も販売されています。

NSXと同様のミッドシップエンジン・後輪駆動という配置・ドライブトレインを採用したこと、ほぼ同時期の開発・発売であることなどから相似が取り上げられることもある。実際には開発チームが異なり双方の人的交流も存在しなかったが、ルームミラーは開発陣が意図してNSXと全く同じものを装備していた。なお、当時の運輸省の反発を避ける意味合いから“スポーツ”とは名乗らずに、公式には「ミッドシップ・アミューズメント」と冠している。

日本車の中でも特に低く設定された1,175mmの全高のため室内は狭いが、センターコンソールを助手席側に約2cm寄せて、運転席を助手席よりも広く設定した。トランク容量も極めて小さく、純正オプションとしてトランクリッドに取り付けるキャリアが用意されていた。オプション品のカーオーディオは車速に応じて音量を調整する「スカイサウンドシステム」を装備したが、センターコンソールの幅の狭さから、一般的なDINに対応したオーディオの装着には社外品のアダプターなどを要した。

車両中央に横置きされるE07Aエンジンは、自然吸気(NA)だが独立3連スロットルと燃料噴射制御マップ切換方式を組み合わせた吸気システム「MTREC」(Multi Throttle Responsive Engine Control) により、自然吸気の軽自動車としては唯一自主規制に達する64PSを8,100rpmで発生する。レッドゾーンは8,500rpmと高回転型に設定されている。組み合わせられるのは5速MTのみで、ATの設定されていない。

1991年8月5日に死去した本田宗一郎も、同年5月15日の発表会に出席しており、本田が最後に見送った4輪車となった。
2010年5月9日には、ツインリンクもてぎで開催されたオーナーミーティングのオーバルコースにおいて行われたパレードランに569台が参加。これはホンダの同一車種による世界最大のパレードランとなり、ギネス記録に認定された。