ホンダの中古車買取相場・査定金額

ホンダ レジェンドの中古車買取相場、査定金額

Ucar査定の買取価格

  • 最高買取価格

    0万円

  • 最低買取価格

    0万円

  • 平均買取価格

    0万円

中古車業者の買取相場

  • 最高買取価格

    0万円

  • 最低買取価格

    0万円

  • 平均買取価格

    0万円

Ucar査定なら高く売れる!
買取希望の個人がいれば、
さらに高く売れるかも!

完全無料 査定依頼スタート

※これより先はUcarPAC株式会社の買取査定サイトへ飛びます。

査定・買取の流れ

  • STEP.1

    車両・お客さま情報を入力(9項目/約1分)

    STEP.1STEP.1

  • STEP.2

    入力後ページで概算価格を確認

    STEP.2STEP.2

  • STEP.3

    Ucar査定コールセンターよりご連絡。 お近くの査定提携店をご案内。

    ※ガソリンスタンドが中心

    STEP.3STEP.3

    ご連絡はUcar査定からの1本だけ!
    たくさんの業者から電話が来ることは
    ないので、安心。

  • STEP.4

    提携店で査定

    ※ガソリンスタンドが中心

    STEP.4STEP.4

    査定は1度だけでOK!
    たくさんの業者と会わなくても良いので
    ラクラク。

  • STEP.5

    査定データを元にUcar査定ネットワーク内の各業者が買取価格を提示。

    STEP.5STEP.5

    査定データを元に全国の業者があなたの車に入札! 最大500社が対象だから、
    本当の最高額がわかります。

最大500業者が対象だから
本当の最高額で売れる!

完全無料 査定依頼スタート

※これより先はUcarPAC株式会社の買取査定サイトへ飛びます。

中古車を高く売る方法

車の状態

  • ワンオーナー

  • 査定前に洗車・車内の掃除・トランクルームの整理を行う

  • キズ・へこみが無い

    細かい・浅いキズはワックス等でお手入れをしましょう。目立つキズはメーカー保証内で修理しておくとよいでしょう。

  • 事故歴なし

オプション

  • オプションは純正品を付けている

    社外品に変えていて純正品を保管してある場合は、その旨を査定時に伝えましょう。

  • 付属品や取扱説明書が揃っている

  • 正常に動作する

完全無料 査定依頼スタート

※これより先はUcarPAC株式会社の買取査定サイトへ飛びます。

ホンダ レジェンドを高く売却するために

レジェンド(Legend)は、本田技研工業が生産、販売する大型最高級乗用車である。現行型は5代目ホンダ初のV型6気筒エンジンを搭載し、3ナンバー仕様車も用意されたフラグシップカーとして登場。取扱販売店はクリオ店の専売だった。ターゲットは裕福な中高年層で、中型セダンに対抗する車種として開発され、駆動方式が異なるものの同クラスに位置付けられていた。ホンダ初の3ナンバー仕様を持つ新しいフラッグシップカーかつ、アメリカで展開する高級ブランドである「アキュラ」向けの専用車種として登場。

画期的なハイブリッド技術を駆使し、かつてないドライビングプレジャーと上質な乗り心地、優れた燃費性能を兼ね備えた5代目となる新型「レジェンド」。V型6気筒3.5L直噴i-VTECエンジンと3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を採用。車体前部に1つ、後部に2つ配置された計3つのモーターとエンジンを使い、ドライバーの要求や走行状況に応じて、前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動の3つの駆動方式と、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブという3つの走行モードの中から、最適な駆動方式と最もエネルギー効率の良い走行モードを連続的に自動で切り替える。車体後部に搭載した2つのモーターは、後輪の駆動力に加え減速力をも左右それぞれで自在に制御するトルクベクタリングを可能とし、高い操縦安定性、クラスを超えた上質な乗り心地、16.8km/L(JC08モード、国土交通省審査値)という優れた燃費性能を達成。エクステリアは、流麗でダイナミックなエアロフォルムを追求。室内空間の豊かさを感じさせるエレガントキャビンと力強いワイド&ローフォルムを表現し、レンズが宝石の輝きを思わせる先進の「ジュエルアイLEDヘッドライト」を採用。ロービームは路肩まで鮮明に照らし出す「スーパーワイド配光」を実現。インテリアは、居住性に優れたFFレイアウトならではの空間効率を究極まで高め、従来モデルとほぼ同等の全長としながらも、後席空間を大幅に拡大。足を組んでもゆとりのある広さを確保するなど、クラストップレベルの居住性を確保。また、上質な本革を用いたシートに加え、インストルメントパネルやドアライニング、アームレストなど、乗員が触れる部位には革の風合いを生かしたソフトパッドを採用。また、世界初となる歩